つれづれなるままに

なんでもあり ペルーサは永久に不滅です

カテゴリ: POG注目馬

ダービーの枠順が発表されました。1枠2頭はもとより有力馬といえる馬ですし外せないところ。リアルスティールとドゥラメンテは過去10年で勝ちのない7枠に入りましたが、さらに遡れば28頭立ての7枠24番から勝ったラッキールーラなんてのもいますし特に心配はしていません。圧倒的力の前にはジンクスなど無力。ぜひ打ち破ってほしいところ。
というわけでPOG新シーズン開幕直前スペシャル。今日は「父ステイゴールド×母父メジロマックイーン」をお送りします。数少ない配合例からドリームジャーニー、フェイトフルウォー、オルフェーヴル、ゴールドシップなどを輩出し一躍黄金配合と呼ばれることとなりました。2012年はオルフェーヴル4歳にゴールドシップ3歳。まさに注目が最高潮に達していた時期に配合された世代なだけあって、母父マックの2歳馬が28頭いてそのうち10頭が父ステゴという偏りっぷりです。せっかくなので全て紹介していきましょう。

オリエンタルアートの2013(牝 鹿毛)
馬主―GⅠレーシング 厩舎―池江泰寿(栗東) 馬名―エストソルシエール
主な兄姉―オルフェーヴル(三冠)・ドリームジャーニー(有馬記念・宝塚記念・朝日杯FS)
やはりまずはステゴ×マックの総本山とも言うべきこの配合。5頭目の配合となりますが牝馬は初です。募集先が社台系クラブの中では二線級と言わざるを得ないGⅠレーシングなのが少し不安ですが、まあたまには大物を送り込んでくれるはず、と前向きに捉えましょう。それにしても現時点で馬体重490㎏って・・・どの兄よりも大きいんですが・・・。

ディアジーナの2013(牡 芦毛)
馬主―シルクレーシング 厩舎―須貝尚介(栗東) 馬名―アレイオブサン
主な兄姉―ステラグランデ(未勝利)
母はクイーンC・フローラSと重賞2勝。兄は今月16日にやっとデビューにこぎつけたという馬なので未勝利も致し方なし。この馬はまだまだ成長途上ですが秋デビューを目標に進めているとのこと。4代母がオークス馬シャダイターキンで近親にレッツゴーターキンなどがいるという社台に古くから根付く牝系です。

タイムフェアレディの2013(牡 黒鹿毛)
馬主―落合幸弘 厩舎―手塚貴久(美浦) 馬名―アタンドリール
主な兄姉―ピグマリオン(中央3勝)・プリティカポレイ(中央3勝)
母はフラワーCの勝ち馬。母系はアストニシメントまで遡ることができる日本の土着牝系です。上は半分くらいは中央で勝ち上がっているのでまあ悪くない成績と言えるのではないでしょうか。馬体も450㎏台なら十分でしょう。ちなみにこの馬の誕生日である2月5日は父ステイゴールドの命日でもあります。

ヤマニンメルベイユの2013(牡 栗毛)
馬主―土井肇 厩舎―不明 馬名―ヤマニンリュウセイ
主な兄姉―ヤマニンマルキーザ(中央3勝)
母は重賞2勝、叔父にヤマニンキングリーがいる良血馬。 ステゴ×マックなのはそうですが、この馬はそれ以上にサンデーサイレンスの2×3というのが一際目を惹きます。ようやるわ。アウトブリードの馬どうしの配合で強いインブリードを作るという手法はかのマルセル・ブサック的な手法とも言えます。血統マニアとしても注目の一頭。

ヒカルカリーナの2013(牡 鹿毛)
馬主―名古屋競馬 厩舎―木原一良(栗東)  馬名―メイケイレジェンド
主な兄姉―フーラブライド(中山牝馬S・愛知杯)・エーティータラント(中央4勝)
この母はなかなか仔出し がよく、この他にも中央・地方で計4勝のヒカルハナミチがおり、現3歳のエーティーロゼッタも中央で勝ち上がっています。ステイヤーっぽい体型ということで、有馬ルールのPOGならばより狙いかと。

ビジネスロマンの2013(牡 黒鹿毛)
馬主―不明 厩舎―不明 馬名―不明
主な兄姉―ダイビングキャッチ(中央2勝)・ホクトマックイーン(地方3勝)
この馬の配合もなかなか面白い。父・母父にとどまらず母母父・母母母父父に至るまでゴールドシップと同じというかなりのシンクロ率を誇ります。 母系は日本古来の牝系(ここもゴールドシップと被る)の一つであるヘレンサーフ系。

レインボーフェローの2013(牝 鹿毛)
馬主―東京サラブレッドクラブ 厩舎―二ノ宮敬宇(美浦) 馬名―レッドイリス
主な兄姉―エリモレインボー(中央1勝)・テイエムナデューラ(中央1勝)
 ノーザンテーストのクロスがあるということでオルフェーヴルに似た配合と言えます。小柄に気性難とステイゴールドの宿命ともいえる欠点を抱えていますが体の作りは良い。馬体重はここ1か月で20㎏近く増えています。それでも420㎏弱ですが・・・。

メジロシャープの2013(牝 芦毛)
馬主―ウイン 厩舎―五十嵐忠男(栗東) 馬名―ウインイストワール
主な兄姉―モモイロパンチ(地方2勝)・メジロダッチェス(未勝利)
これはビューチフルドリーマーの牝系の出。 曾祖母メジロマシュウは当時のメジロ軍団の基幹牝馬の一頭でした。是非とも頑張ってほしい血統ではあるのですが、メジロシャープの仔は非常に小さい馬が多く、この馬も現時点でやっと400㎏を超えてきたという小柄にもほどがある状態。少し厳しいか。

ローリエの2013(牡 黒鹿毛)
馬主―首藤徳 厩舎―不明 馬名―不明
主な兄姉―ラブイズブーシェ(函館記念)・ハリーアップ(中央4勝)
母の血統を見るとモガミにボールドリックにムーティエと気性の悪そうな血のオンパレード。母はやはり仔出しにムラがありますが、重賞馬を出せるポテンシャルはあります。これも両親ともに小柄ということで体格が不安材料でしょうか。

ミツワオーロラの2013(牝 黒鹿毛)
馬主―嶋田賢 厩舎―不明 馬名―シアヌークビル
主な兄姉―初仔
ある意味もっとも注目はこの馬。なにしろ母ミツワオーロラは、生産者がステゴ×マックの配合をするために乗馬となっていたのを買い戻してきたという経緯があります。タイムフェアレディと同じアストニシメントの牝系で四代母はオークス馬チトセホープ。こう見ると在来牝系の出身が多いな・・・。

 以上、全10頭です。最終日となる明日は「エアグルーヴの牝系子孫」を紹介していきます。見てください!

ダービーデーは雨予報。午後からという予報ですが、ともかくパンパンの良馬場ではなくなるでしょう。
それはさておきPOG新シーズン開幕直前スペシャル、今日も予告通り「母父ディープインパクト」をお送りします。
すでに種牡馬として一大勢力をを築き上げつつあるディープインパクト。母父としては2012年生まれが3頭、うち2頭がデビューし未だ勝ち星を挙げられてはいませんが、今年はその数19頭と一気に増え、いよいよ母父としても本格始動となります。果たして母父としても日本を代表する種牡馬としての活躍を見せられるでしょうか?

マトゥラーの2013(牝 黒鹿毛) 父ハービンジャー
馬主―サンデーレーシング 厩舎―池江泰寿(栗東) 馬名―ラーダー
主な兄姉―初仔
母は覚えている方も多いでしょう。父ディープ・兄にドリームジャーニー・オルフェーヴルという宝石のような超良血馬です。ただやはりオリエンタルアートはステイゴールドでこその牝馬だったのでしょうか、母自身は未勝利。父ハービンジャーにディープの切れ味が上手く合わされば、かなり期待できると思われます。ただデビューは遅そう。

ウィッシュの2013(牡 鹿毛) 父ハービンジャー
馬主―東京サラブレッドクラブ 厩舎―中川公成(美浦) 馬名―スぺラーレ
主な兄姉―初仔
続いてまたもハービンジャー×ディープ牝馬。母の全弟には京成杯を制したベストディールがいるという血統。この時期に少し疲れが出たということでデビューは秋以降になりそうですが、ディープ産駒らしい柔らかさがあるということでなかなか期待できるのではないでしょうか。

シーダーブレイクスの2013(牡 鹿毛) 父カジノドライヴ
馬主―サンデーレーシング 厩舎―地方 馬名―ブレイクバック
主な兄姉―初仔
最初に断っておきますが地方馬です。 ご注意を。叔母にフサイチエアデールがいて、父は世界に挑んだカジノドライヴという派手な血統。ミスタープロスペクターのクロスもあり、なかなか軽さを秘めていそう。ただ少々体質が弱いかも?という懸念はあります。目指せ東京ダービー。

マハーバーラタの2013(牝 鹿毛) 父ワークフォース
馬主ー不明 厩舎―不明 馬名―ヴェルデリモーネ
主な兄姉―初仔
凱旋門賞馬ワークフォースの初年度産駒でもあるこの馬、ヌレイエフ5×3に加えてサドラーズウェルズとの近似クロスも組み合わせた、いわゆるエルコン配合。やはりこういう配合には目を惹かれるものがあります。ワークフォースの将来を占う意味でも注目していきたいところ。

このあたりが主な注目馬でしょう。明日は「ステイゴールド×母父メジロマックイーン」を紹介する予定です。見てください!

POG新シーズン開幕直前スペシャル、今日は予告通り「兄姉が安定して活躍している馬」を紹介していきます。
ただし、ビワハイジやレーヴドスカーのような活躍間違いなし、クラシック出走は確実というレベルの牝馬はここで紹介するまでもなくご存じでしょうから、 もう少し下の目立ちにくい位置で、安定して稼いでいる牝馬の仔を紹介していこうと思います。

タイキクラリティの2013(牡 鹿毛) 父アドマイヤムーン
馬主―地田勝三 厩舎―西園正都(栗東) 馬名―フィールドシャルム
主な兄姉―クラリティスカイ(NHKマイルC)・クラリティシチー(中央3勝)
上はどうなったのかわからない初仔を除く2頭がいずれもクラシック出走を果たし、クラリティスカイはGⅠを制覇。クラリティシチーもオープンクラスで存在感を発揮しています。父がアドマイヤムーンということで早期の稼ぎも期待できそう。直近のGⅠ馬ということでなかなか人気にもなりそうですが、機会が来れば指名したい一頭。

シンハリーズの2013(牝 黒鹿毛) 父ディープインパクト
馬主―キャロットファーム 厩舎―石坂正(栗東) 馬名―シンハライト
主な兄姉―アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)・リラヴァティ(中央3勝)
近年活躍馬が並ぶ(去年はシャイニングレイ、一昨年はハープスター)「ノーザンホースパークマラソン男子部門優勝者への権利」が今年はこの馬。今年の3歳でもアダムスブリッジがダービー出走にこぎつけるなど産駒はコンスタントにクラシック戦線に乗ってきています。10月京都開催でのデビューを予定とのこと。

タッチザピークの2013(牡 鹿毛) 父ワークフォース
馬主―グリーンファーム 厩舎―音無秀孝(栗東) 馬名―セネッティ
主な兄姉―ピークトラム(中央4勝)・タッチザターゲット(中央2勝)
ここまでの2頭はいずれもPOG期間内に2勝を挙げています。失敗種牡馬と言わざるを得ないチチカステナンゴから重賞でも好走したピークトラムを出したポテンシャルはなかなかのもの。ワークフォースも未知数ですが、キングマンボのスピードと欧州の重厚な底力を秘めた血統には期待したいところ。

ライラプスの2013(牝 鹿毛) 父キングカメハメハ
馬主―サンデーレーシング 厩舎―佐々木晶三(栗東) 馬主―ライラムーン
主な兄姉―プロクリス(中央3勝)・アナスタシアブルー(中央2勝)
上の4頭が全て中央で勝ち上がりというのは頼もしい。 しかし一方でPOG期間内だと1勝までしかできていないというのは物足りないか。血統的には一流なだけに、そろそろ大物を期待したい。

なかなかちょうどいいレベルの馬がいないので今日はこのあたりで。次回は「母父ディープインパクト」でお送りします。見てください!

第1回記事から空くこと3週間強、ようやく第2回です。日本ダービーまであと1週間。そして新シーズン開幕も目前です。この1週間はできる限りPOG記事を書いていきたいと思っています。

さて、第2回のテーマは「早期デビュー」。POGでもスタートダッシュは大事ですし、何より早いうちにデビューする馬がいないと楽しめる期間が短くなってしまいますから重要なポイントです。それではいきましょう。

チャールストンハーバーの2013(牡 黒鹿毛) 父ダイワメジャー
馬主―高橋仁 厩舎―大江原哲(美浦) 馬名―ミュゼモーゼス
主な兄姉―カレンブラックヒル(NHKマイルC)・レッドアルヴィス(ユニコーンS)
兄に中央重賞馬2頭を持つ良血馬。カレンブラックヒルの全弟です。1億超えの高額馬ですが6月東京開催でのデビューを目指して順調に仕上げてきている模様。鞍上は相談役こと柴田善臣でいくそうなのでファンの方は是非。

マルカジュリエットの2013(牝 芦毛) 父スウェプトオーヴァーボード
馬主―三田昌宏 厩舎―高橋義忠(栗東) 馬名―スノードリーム
主な兄姉―ミッキーフィーバー(園田で2勝 中央で3着1回)
去年はトーセンラーク、一昨年はクリスマス&フクノドリームとなかなか侮れないJRAブリーズアップセール組。この馬は事前・当日ともに調教で素晴らしい動きを見せ、今年度最高額となる3240万円で落札されました。叔父には皐月賞馬ジェニュイン。まずはクリスマスのように早熟のスピードを見せてほしいところ。

ラタフィアの2013(牝 栗毛) 父ダイワメジャー
馬主―吉田勝己 厩舎―手塚貴久(美浦) 馬名―アッラサルーテ
主な兄姉―エピセアローム(セントウルS・小倉2歳S)
快速牝馬エピセアロームの全妹。その他にも上に中央で3,4勝している馬が複数おり、血統的ポテンシャルは十分。6月の函館開催でデビュー予定。注目されながらデビュー戦で予後不良となった兄マックヴァンの分まで走ってほしい。

シーイズトウショウの2013(牡 黒鹿毛) 父ダイワメジャー
馬主―トウショウ産業 厩舎―角田晃一(栗東) 馬名―トウショウジャイロ
主な兄姉―トウショウピスト(中央2勝)
名門トウショウ牧場の誇る名牝の仔。兄のこの時期は父ヨハネスブルグというのとすさまじい調教での動きで話題を集めていましたが、 この馬もなかなかの動きを見せています。函館開催でデビュー予定ということで、兄が3着に敗れた函館2歳S制覇なるか?

フローラルホームの2013(牡 鹿毛) 父ヨハネスブルグ
馬主―仲山誉志夫 厩舎―森秀行(栗東) 馬名―ヨシオ
主な兄姉―初仔なのでなし
スタートダッシュ要員としてこれ以上ない種牡馬ヨハネスブルグ。なのですが今年の産駒はわずか15頭しかいません。その中からブリーズアップセール組でもあるこの馬をチョイス。厩舎的にも小銭稼ぎにはもってこいでしょう。馬名もなかなか。

とりあえずこの辺りにしましょう。明日は「兄姉が安定して活躍している馬」を紹介する予定です。見てください!(迫真)
 

お久しぶりです。
いよいよ今年も5月。競馬の最高峰・日本ダービーまであと1か月です。POG的にもクラシックシーズンに入り、大勢は決しつつもまだまだGⅠの結果次第で大逆転もありえます。私の指名馬でGⅠに出られる可能性があるのはアンビシャスくらいですが・・・。

そして、現在の番組表ではPOGに休みはありません。ダービーの次の週にはもう新馬戦が始まります。そろそろ来年度のPOGの指名候補の絞り込みを行う時期ではないでしょうか?そんな時ですが、私のリストアップしてある注目馬達を紹介していきたいと思います。指名馬選定の一助となれば幸いです。

まず第1回のテーマは「父ディープインパクト×母父ストームキャット」。不動のリーディングサイアーであるディープインパクトとしてもこれまでの産駒のほとんどが中央で勝ち上がっているこの配合はニックスと呼んで差し支えないでしょう。この配合の2歳馬は今年は7頭。全て紹介していきます。

 ・ラヴズオンリーミーの2013(牡) 鹿毛
馬主―金子真人HD 厩舎―国枝栄(美浦) 馬名予定―プロディガルサン
主な兄姉―リアルスティール(共同通信杯・皐月賞2着)・ラングレー(中央4勝)
「ディープ×ストーム」の象徴といえる母の4頭目の産駒(初仔は持ち込み)。 馬主は兄たちと異なり父と同じに。順調に成長しているようで夏~秋のデビューも期待できそう。間違いなく各地のPOGで争奪戦となる一頭でしょう。

マジックストームの2013(牡) 黒鹿毛
馬主―里見治 厩舎―池江泰寿(栗東) 馬名予定―サトノケンシロウ
主な兄姉―ラキシス(エリザベス女王杯・大阪杯など)・サトノアラジン(中央4勝)
ラヴズオンリーミーと並ぶこの配合の代表例。こちらも一貫してディープを種付けされ続けています。 ただ兄・姉を見る限りこちらはやや完成が遅くPOG向けとは言い難いか?この馬もまだまだ幼いなどというコメントもあり早期デビューではなさそう。ただ中距離向けと言われておりGⅠを期待するならありか?

レッドキャットの2013(牝) 鹿毛
馬主など―不明
主な兄姉―ステラロッサ(中央5勝)・ダイレクトキャッチ(中央1勝・重賞2着2回)
母の輸入後の産駒はデビューせず引退した1頭を除いては全頭が中央で勝ち上がっているという仔出しの良さを誇る。ディープとの産駒はこれが初。上を見るとデビューは2歳秋~冬が主で代表産駒のステラロッサ(父ハーツクライ)は3歳デビュー。

マイグッドネスの2013(牝) 鹿毛
馬主―野田みづき 厩舎―安田隆行(栗東) 馬名予定―不明
主な兄姉―ダノンレジェンド(カペラS・黒船賞など)
日本では希少なヒムヤー系にしてダート短距離戦線で絶賛ブレイク中のダノンレジェンドの妹。 マル外のもう1頭の兄ともどもダノックスの所有馬でしたが、この馬はその妻の野田氏の所有に。厩舎は短距離馬御用達ということで桜花賞に向けて注目の一頭か。

キャタリナの2013(牝) 芦毛
馬主―栄進堂? 厩舎―不明 馬名予定―不明
主な兄姉―エイシンヒカリ(中央5勝)・エーシンクールディ(中央5勝・兵庫サマークイーン賞など)
圧倒的快速で昨秋注目されたエイシンヒカリの全妹。その他にも中央・地方でスピードを発揮している兄姉が多く仔出しの良い母と言える。そんな母の血統を遡るとリボーやシーバードの血が出てくる。ただ全体的に兄姉のデビューは遅く、3歳デビューも多い。

マーキーアトラクションの2013(牡) 青毛
馬主―ダノックス 厩舎―池江泰寿(栗東) 馬名予定―ダノングランツ 
主な兄姉―特になし
母の血統表にはストームキャット・ミスタープロスペクター・シアトルスルーと米の名種牡馬がズラリ。 まだ中央で勝ち星を挙げた兄姉はいないものの筆頭の2頭に近い血統を持ち注目すべき馬。ただ上は揃ってデビューが遅く(全兄マイアトラクションは今日デビュー)、POG向きとは言えないか・・・。 

サンクイーンの2013(牡) 鹿毛
馬主―奈村信重 厩舎―不明 馬名予定―ナムラヘイハチロー
主な兄姉―初仔なのでなし
牝系はノーザンダンサーの母ナタルマに遡る名血でミスプロの血も入る。ナムラがこのような良血馬を所有するのはちょっとイメージと違いますが、何より馬名がインパクト抜群。大塩平八郎からか?ネタ枠としても注目したい一頭。

これで全てです。実は上3頭を除く半分以上が社台グループ以外の生産馬。どの馬にも活躍を期待したいところ。この中にGⅠ馬がいるかは神のみぞ知る・・・。

このページのトップヘ