つれづれなるままに

なんでもあり ペルーサは永久に不滅です

2017年03月

hitora-
今日もどんどん工場を建てていこう。
syahato
 しかし、今回は諸事情により、あまり積極的な増設は行えません。理由についてはおいおいわかるでしょう。それでは開始ですね。

syahato
 7月5日、ロケット試験場の第1段階が完成しました。シュトラールズントに建設を開始します。
roketto_dai1
hitora-
 ペーネミュンデ陸軍兵器実験場だな。こういうものはできるだけ史実通りの場所に置いていきたいというのが筆者の趣味のようだ。
ge-ringu
まあ海沿いですが強襲上陸を食らう立地ではありませんし、いいんじゃないですか?
nagai_naifu
himura-(ヒムラーSS長官)
7月11日、長いナイフの夜です。内外の反党分子を粛清し、これでNSDAPの支配はさらに確固たるものとなったことでしょう。
hitora-
 レーム・・・奴は頼りになる男だった。しかし、私に歯向かうとあらば、たとえ奴ほどの者であっても容赦はできん。何物にも私の理想を阻ませはしない!
syahato
とりあえず不満度5%は痛いので、このタイミングで研究機関への投資を行いましょう。この後にも不満度を下げるイベントが控えているので、消費財にICを振る必要はありません。
nagai_naifu2
 Neurat2
ヒンデンブルク大統領が亡くなりました。
Hindenburg_sikyo
hitora-
このタイミングで不満度を下げてくれるとは、最後までご苦労なことだ。かねてからの手筈通り、私が国家元首に就任する。
あの老人がいなくなり、いよいよ私の真の力を見せる時が来たようだな。これだ!
hitora-_sukiru
syahato
 ネーミングはひどいですが、総合的に見れば強力な特性といえるでしょう。
gude-rian
行軍速度と指揮統制の回復がアップするのはありがたい。機動戦には必須といえる分野ですからな。
 Neurat2
私も正式に外務大臣に就任しました。改めてよろしくお願いします。
また、政府首班がヘス氏(寡黙な勤勉家)に代わったことにより、ICが+5%です。ぶっちゃけこれが一番うれ(ry 

soukou_hensei
gude-rian
これで我が国は世界に先駆けて戦車師団を生産することが可能になりました!
hitora-
すばらしい!
syahato
しかし、仕様上「36年型軽戦車」も開発しないと戦車師団の生産はできないんですよね。
hitora-
どのみち軍拡はもうしばらく後になる。それまで待っていてくれ。 
Neurat2
(ソ連は33年シナリオ開始時にはこのドクトリンの研究が終わっているということは黙っていよう)

ansatsu_misui
hitora-
この私を暗殺しようなどとは、不届き者もいたものだな。
himura-
総統閣下に忠実なドイツ国民がこのようなことを企てるなど・・・ありえないことです。
hitora-
 連合国の陰謀が背後にあるはずだ。何としても手掛かりを見つけ出せ。
syahato
しかし、これで不満度が完全に解消されたことを思えば、結果オーライと言えるでしょう。 
Neurat2
「難しい」または「非常に難しい」では暗殺を回避する方法はないのかは・・・筆者はプレーしたことがないのでわからない、とのことです。 

hitora-
諸君、1934年も終わりを迎える。このタイミングでルクセンブルクを併合することとする。
rukusen_heigou
ge-ringu
 よろしいのですか?平時補正と消費財の増加で、使用可能なICが激減してしまいますが。
Neurat2
来年には一つ大きなプレゼントが待っているのですが、それをもらうには平時体制でなければならないのです。
hitora-
 苦しくなるのはほんの一瞬だ。まあ見ていたまえ。

syahato
35年になりました。お目当てのプレゼントのトリガーとなる「国際連盟からの脱退」を今更発動し、続いて本命のディシジョン「ザール国際連盟管理地域」を発動します。
za-ru_renmei
 Neurat2
ドイツの中核州のひとつであるザールブリュッケンは、33年シナリオ開始時点ではご覧の通りフランスが支配しています。このディシジョンにより、IC3と多量の石炭産出を持つザールブリュッケンがドイツに返還され、同時にIC補正が外れて平時補正を相殺してくれます。
hitora-
住民投票という正当な手段によって、民族的領土が奪還されたのだ。実に喜ばしい!
syahato
これで一時ストップしていたロケット試験場の生産も再開できます。今年も頑張っていきましょう。
ちなみに、戦時→平時の消費財需要は、だいたい倍になると覚えておけばよいかと思います。
hitora-
この不満度が消えるタイミングで、海軍総司令官を変更しよう。レーダー君は空母を弱体化させてしまうからな。後任はザールウェヒター君だ。
za-ruwehita-
ge-ringu
レーダー提督は前線指揮官としてはドイツ最高の海軍指揮官です。適材適所で頑張ってもらいましょう。

syahato
アウトバーン2回目です。
outban2
hitora-
 またICが増えるな。大変結構!
syahato
 IC効率を確認したところ、あと1回の合計3回、アウトバーンイベントは発生するようですね。待ち遠しいところです。

syahato
5月20日、工場第2陣が完成しました。
kouzyou35
syahato
現在、追加分も合わせて30個の工場を建設中であり、この後にも続々と完成するでしょう。
hitora-
世界を相手にするにはまだまだ足りん。さらに建設を推進するぞ。
syahato
またこの辺りで一区切りとしましょうか。お疲れさまでした。 

hitora-
予告通り、これより工場建設に移る。全力で、あらゆる手段を用いてな。
ge-ringu
 (プレチあり)って、前回から継続中の「戦争を終わらせない行為」がすでにプレチなのでは?
hitora-
こまけえことはいいんだよ

ge-ringu
指示通り、可能な限りの工場、22並列をラインにぶち込んできました。
kouzyou(douin_before)
 hitora-
うむ、ご苦労。
ge-ringu
それでは時間を動かしm
syahato
ちょっと待ってください。ここで秘策を使います。
hitora-
ディシジョンから「部分動員」を発動する。
douin
syahato
戦争状態を継続しているため、不満度を発生させることなく動員できます。そして動員後のラインがこちらになります。
kouzyou(douin_after)
hitora-
おわかりいただけただろうか。
ge-ringu
・・・?
syahato
こうして並べただけでは少々見づらいでしょう。問題の個所を拡大してみます。
kouzyou(douin_before)2
↓↓↓
kouzyou(douin_after)2
 ge-ringu
おお!建設時間が大幅に短縮されていますな。しかしなぜ?
syahato
これが動員の力なのです。動員スライダーの効果を見てみましょう。
douin_before
 syahato
動員前のドイツはそもそも徴兵をしていない状態です。これによって生産時間に重いペナルティがかかっています。
douin_after
syahato
動員することにより、このペナルティを解除することができるのです。つまり生産速度が1.5倍に跳ね上がります。 
hitora-
ちなみに、徴兵制を行っている状態でも20%の生産時間ペナルティがかかる。正直、この仕様はFullのとっつきにくさの要因の一つである「生産時間の長さ」をさらに助長することになっているのだが、従うほかはない。取り払う方法があればいいのだが・・・ 
syahato
当然AIは工場建設目的の動員などしてこないので、これは明らかなプレイヤーチートと言えます。しかしそれだけに、知っておいて損はないでしょう。
hitora-
今回の工場建設は22(並列)×4 (連続)とする。完成は37年3月。それまではひたすら工場建設だ。ただし、別としてロケット試験場はICが確保でき次第作り始めるぞ。来年6月の工場第一陣が完成する頃には、研究も完了しているだろう。
ge-ringu
では、改めて時間を進めていきましょう。

keiki_kaifuku
syahato
年が明けて1934年、早々に良い知らせです。 
hitora-
 我がドイツは欧州でいち早く不況から脱出した。これぞゲルマン民族の力である!
Neurat2
このイベントもランダム要素が強いですが、どうやら不満度がトリガーの一つとなっているようです。33年10月に研究機関への投資(2回目)を行ったことにより、すでに不満度は完全に解消されています。
syahato
IC補正がまた一つ外れたので、 浮いたICは工場の増設とロケット試験場の建設に使いますね。
 roketto_siken
hitora-
工場を建設している間に8段階くらいまでは作り終わるだろう。

syahato
 その半月後には3回目の研究機関への投資(包括的)を実行。統制経済が完成しました。実効ICは166に達しています。
tousei_kansei
tousei_kansei2
hitora-
大変結構! 研究機関への投資は今後も資金が溜まり次第実行する。並行して諜報機関への資金投下も始めよう。
dare(ダレ情報大臣)
ありがとうございます。任務はどのようにいたしましょう?
hitora-
現在の諜報機関では成功は望み難いだろう。 当面は表立った行動はせず、スパイ網の強化に専念してもらう。将来的には我々に欠けている空母系の青写真の確保のために行動してほしい。
dare
承知いたしました。
cyouhou
 
Neurat2
中国情勢ですがおかしなことになっています。もう34年の3月だというのに、未だに長征が発生していません。開戦時のイベントは史実通りだったのですが・・・。
cyousei_mada
hitora-
中華民国がひどいIC割れを起こしているな。
Neurat2
中華民国はオープニングイベント「南京十年」により、50%という強烈な戦時補正を受けています。我々とは逆に、戦時が長引くほどかの国にはダメージとなるのです。ちなみに大抵は33年中に長征が発生し、中国内戦は一段落します。
hitora-
現在の環境での日中戦争は、日本がヘタレるところしか見たことがないのだが、これがどう響くか、楽しみだな。
 Neurat2
その後、6月12日になってようやく長征が始まった模様です。
cyousei
 
 syahato
6月29日、各地で建設していた工場第一陣が稼働を開始しました。
kouzyou34
 hitora-
この工場建設で得られたICでさらに工場を増設する。少なくとも36年まではこれの繰り返しだ。まずは実効ICで世界一を目指す!
syahato
とりあえずキリが良いのでここで一旦切りましょう。次回も工場建設しつつイベントの消化となります。それではお疲れさまでした。

syahato
第4回にして、やっとまとまったゲーム内時間を進めていくことになりますね。
hitora-
 基本的にこのようにゆっくりとした進行になると思うが、それでもお付き合いいただけるというのなら大変ありがたい。それでは始めていこう。

hitora-
まずは前回騒いでいた間に、内政をどのようにしていたかを確認しておこう。
syahato
そうですね。まずは研究ですが、以下のように指示を出しておきました。
kenkyuu_syoki
 hitora-
ふむ。まずは遅れている海軍関連を中心に、という感じかな。
syahato
開始時点の研究効率では、 年代を先取りする研究は非常に厳しいですからね。それに連合国、すなわちイギリスを相手取るには海軍は必須です。
hitora-
非常に時間のかかるロケット試験場の青写真を最初から持っているというのは強みだな。やはりドイツの技術力は世界一!

syahato
次に貿易ですが、とりあえずゲーム開始時には以下のように設定しておきました。
boueki
 hitora-
余って仕方ない石炭と引き換えに物資と資金を輸入。普通だな!
 syahato
そして手動で余剰の物資を輸出して資金を輸入し、資金+20/dayを確保しました。 研究投資などに活用していきましょう。また、さらなる石炭の輸出促進のために、落ち着いたところで以下のように設定を切り替えました。
boueki2
hitora-
備蓄に上限のある(それを超えると自動的に一定割合が破棄されていく)DHにおいて、現時点ですでに+約500/dayもの収入がある石炭を放置しておくのは非常にもったいない。可能な限り輸出したいものだ。 
 
syahato
スライダー(ドイツはゲーム開始翌日に動かせる)ですが、計画経済へと動かし、タカ派にチェックを入れておきました。
suraida-_keikaku
suraida-_taka

hitora-
おいおいわかるが、DH Fullではディシジョンを実行することで計画経済へ動かしていくことができるため、手動で動かす必要はほとんどない。今回動かしたのは、その「ディシジョンで動かす」条件を満たすためだ。元々計画経済寄りでないと動かないからな。
 syahato
ユニットの生産時間が異常に長いDH Fullにおいて、タカ派を早く振り切るのは重要です。どうせイベントで振り切れるのですが、こちらでも動かしていきましょう。

hitora-
一通り振り返ったところで、時を進めていくとしよう。ちなみにルクセンブルクは当分併合しない。戦時体制の方が不満度の減少が早いし、平時補正が解除されてICも上がるのだ。
戦時fumando_senji
平時fumando_heiji
hitora-
これだけの不満度を解消するには100日単位の時間がかかる。0.1/dayの変動でも小さくはないぞ。即座に開戦したのはこのためだ。
ge-ringu
しかし、開戦による不満度が痛いように感じますな。総合的に見て、どうなのでしょう?
hitora-
その不満度は最終的にはお釣りがくるくらいだ。まあ見ておきたまえ。

syahato
ルクセンブルクへのハイキングの途中に、中華民国から協力の要請があったので、これを承諾しました

hitora-
中国には今のうちに恩を売っておこう。
cyuudoku_gassaku
 Neurat2
外務大臣(まだ正式に就任はしていない)のノイラートです。イベントについての解説などを担当させていただきます。
Neurat2
このイベントで締結される希少資源の貿易協定についてですが、実は、友好的な相手とならば物資1:4希少資源というレートで取引できるので、それよりは悪いレートとなっております(資金は基本的に物資1:3資金なので、こちらは割が良い)。 
Neurat2
しかし、33年シナリオ開始時のドイツには、残念ながらこの友好的レートで取引してくれる相手がいないので、このイベントは「イエス!」としておいた方が得かと思います。
 Neurat2
(順当にいけば)将来の同盟国たる日本の敵を強化する選択肢でもあるので、難しいところですが・・・。

keizai_kaifuku
propaganda
syahato
資金が溜まり次第、ディシジョンを実行し不満度を下げていきます。
hitora-
本来は 国際連盟からの脱退(資金100、英仏などとの関係悪化の代わりに不満度-2%)というディシジョンもあるのだが、これは条件に「平時体制である」ということがあるため、今回は発動できていない。仕方ないのでこのまま進行する。

america_kokusai
 Neurat2
アメリカ政府が大規模な国債の発行を行ったようです。ルーズヴェルト大統領の新政権が取り組んでいる経済政策の資金とするつもりと思われます。
hitora-
この「国債の発行」イベントによって、アメリカは10000もの資金を得る。青写真・物資と引き換えにこの資金を切り取るとしよう。ノイラート君、行ってきたまえ。
Neurat2
了解しました。イタリアやソ連に対しても実施しておきます。
 
syahato
アウトバーン交通網の第一陣が早くも完成したようです。
outban
hitora-
すばらしい!このイベントはランダムだから、これだけ早く発生してくれるのは助かるぞ。 
syahato
不満度ダウン、IC補正の一部解除、インフラ向上という神イベントです。ちなみにあと1,2回発生します。

syahato
不満度が7%を切り、発生条件を満たしたので、ディシジョン「メフォ手形問題」を発動します。
hitora-
 また一つIC補正が外れたな。
mefo_tegata
syahato
続いて研究機関への包括的投資を実施。経済の統制を進めます。
kenkyuu_houkatu
syahato
 これにより、開始時には40%あった不満度が、1.95%まで低下しました。
hitora-
うむ。この程度の不満度なら放っておけば消える。次回はいよいよ工場の建設を開始するとしよう。 欧州一のICを目指すぞ! 

sousenkyo_ikari
hitora-
俺が本当の民族自決を教えてやる

Hindenburg
みなさんおはようございます。今日も一日頑張りましょう!
ge-ringu
 うるせえよバカ!
syahato
 とりあえず↓の画像を見てください
zenken_ininn
Hindenburg
なんだこの法案は…… やらしい独裁体制だなぁ……
hitora-
よって、内閣としては、ただちに民族的領土の奪還を提案いたします
Hindenburg
えっ
 hitora-
わかる?ルクセンブルクに突っ込め、突っ込めって言ってんの! ね?
Hindenburg
でもルクセンブルクにはフランスの独立保障がかかってるし……
rukusen_hosyou
ge-ringu
なにが独立保障だァ?そんなもん気にスンナよコノヤロウ! 
Hindenburg
でもでも、今のドイツじゃ連合国に勝てないし...... それに宣戦したらしたで不満度がさらにすごい事になっちゃうんだよ......?
 sensen_fumando
hitora-
なんだよコイツ、ノリわりーなぁオイ
ge-ringu
マジ萎えるわー
syahato
いいこと思いついた、 お前ら政策スライダーを左派にガン振れ
syahato
それを8年も続ければ、このポンコツ元首はあの世行きだ(急進的左翼)
 Hindenburg
その前に俺は寿命でくたばるだろ!いい加減にしろ!
 syahato
こまけえことはいいんだよ
ikari_33doitu

syahato
まずルクセンブルクを殴ります
rukusen_sensen
ge-ringu
あらすてき!

syahato
次に、主にアフリカ・太平洋に点在する領有権主張を取り下げて好戦性を下げます
kousen_before
↓↓↓
kousen_after
 ge-ringu
あらすてき!
hitora-
おじさんはねぇ、君みたいな可愛いねぇ、世界政策の悶絶顔が大好きなんだよ! 

もちろん独立保障を余裕で踏み抜く形になったが、フランスからの宣戦布告はない
案の定である 
hitora-ge-ringu
当たり前だよなぁ? 
ruburan
やだ!小生世界大戦やだ!
syahato
黄作戦(1933) 

syahato
Fullではルクセンブルクには初期配備の軍隊が存在しないため、歩くだけで占領できます
rukusen_pikunikku
Hindenburg
たまげたなあ……
ba-da-
ルクセンブルクまでハイキングに行くみたいなもんだぜ 

syahato
アンシュルス待ったなし!
ochitana(rukusen)
Hindenburg
あのさぁ……
ge-ringu
 閣下はイワナ書かなかった?民族的領土を奪還するって!
hitora-
奪還するとは言ったが、今すぐ全て奪還するとはいっていない 
Hindenburg
怒りシリーズにしてはスケールが小さすぎるだろ!いい加減にしろ!
syahato
こうしてドイツ国は伝説への第一歩を踏み出した

 ._
      \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /    r''ヽ、.|
      |     `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、      |
        ヽ_suarurotte_ノ 

 ┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

hitora-
 DH Fullには「固有特性」というものが存在する。閣僚に様々な特性がついているのはご存知かと思うが、その人物のために特別に作られた特性というものがあるのだ。
syahato
 とりあえず、このシナリオ(33年)開始時点のドイツで確認できるものを見てみましょうか。
Flick
 hitora-
我がNSDAPから入閣した内務大臣、フリック君の「無慈悲な調整家」。 外国(非中核州)のIC利用量増加と労働力の上昇が目玉と言える。しかし、現在の情勢的には両方とも「死にステ」と言わざるを得ないな。
syahato
先の話になりますが、 これらの効果が必要になる頃には、これの上位互換といえる特性を持った人材が登場していますからね。不憫な人です。
Canaris
hitora-
情報大臣のカナリス君は「有能なスパイ指揮官」。 諜報力をバランスよく引き上げてくれる優秀な人材と言えるだろう。
syahato
しかし、内政に専念する時期にはやはりICアップの効果を持つ閣僚を起用したいですから、交代することになるでしょうね。戦争が始まれば出番は来るかもしれません。
hitora-
特に、ソ連のような閉鎖的な国家と戦う際には、「陸軍諜報報告の正確さ」をアップさせることは非常に重要になるからな。
Goering
hitora-
「鉄人ヘルマン」の異名を持つゲーリング君は、汎用の「陸軍支援ドクトリン」のマイナーチェンジ版と言える特性を持つ。近接航空支援機(シュトゥーカ)の強化・コストダウン効果を強化した代わりに戦闘機の弱体化補正を付けたという感じだな。
syahato
ただでさえ安価なシュトゥーカの数を揃えるにはありがたいですね。ただ、戦闘機の戦闘修正-5%というのが、どこまで響いてくるかが不安ではあります。
 Haidorihi
hitora-
情報大臣の控えにいるハイドリヒ君の「金髪の野獣」はユニークな能力だ。「憲兵の指揮統制」というのは一見どういう意味か理解しがたいな。
syahato
 試してみたところ、どうやらこれは「憲兵旅団を付属した師団の指揮統制が15%(表記の半分)アップする」という効果のようです。表記より小さいとはいえ、15%という数字は侮れませんね。
hitora-
これを存分に活用するプレーというのもやってみる価値はあると思う。今回は使わないが。 
Neurat
hitora-
 外務大臣として当分頑張ってくれるノイラート君の「職業外交官」。独立保障や同盟への参加のコストダウンは、国によってはありがたいことだが、我がドイツにはあまり必要ではないだろう。
syahato
 彼以外に外務大臣の候補がいないという時期がしばらく続きますからね。まあマイナス効果を持っているわけではないですから、気にしなくてもよいでしょう。

hitora-
 とりあえず現段階の内閣改造としては、内務大臣に「治安重視」のディールス君を、情報大臣に「産業分析の専門家」ダレ君を起用するとしよう。
chian_zyuusi
sangyou_bunseki
 syahato
このお二方はいずれも汎用の特性ですね。
hitora-
 その通りだ。固有特性と言っても常に強力というわけではない。あくまでも重要なのは「現在の国家にとって、どのような能力を持つのが重要か」ということだな。

このページのトップヘ