つれづれなるままに

なんでもあり ペルーサは永久に不滅です

2014年01月

白富士S
◎アロマカフェ
○ゼロス
▲サムソンズプライド
△ミヤジタイガ
△ワールドエース
買い目―馬単ボックス各100円
とりあえず開幕週ということで逃げ先行勢を中心にチョイス。ミヤジタイガは調教がすごく良いということで。
ワールドエースは力が戻っていれば確勝級。ウインバリアシオンのごとく復活なるか?ペルーサは来たらしゃーない。
しかし重賞馬が5頭も出走するオープン特別ってなんやねん・・・その他のメンバーもそこらの重賞には負けないレベルの濃さです。

クロッカスS
◎マイネルディアベル
○アスコルティ
▲ウインスプラッシュ
△アポロスターズ
△シゲルカガ
△キタサンラブコール
買い目―◎軸の三連複流し各200円
重賞でも好勝負のマイネルを軸。父ナイキアディライトで芝で活躍というのはいいですねえ。マイナー種牡馬マニアとしては是非頑張ってほしいものです。

これでいきましょう。

~番外編~ ロマンにかけるこの一点
京都3R 3歳新馬(ダ1800)
⑧シゲルサド
このレースは本当にいろんなロマンを感じる馬が多く悩みましたがこの馬で。父マッチョウノはヒムヤー→ラフンタンブルの系統。 日本でヒムヤー系というのはかなりのマイナー血統であり、ブロードアピールやノボトゥルーといった数少ない活躍馬もバトルジョインド(→ブロードブラッシュ)の流れ。ラフンタンブルの流れで日本でオープン級で活躍した馬となるとエストレーノインオラリオの兄弟くらいでしょう。細々と続いてきたながら去年のBCクラシックを勝ったムーチョマッチョマンを出すなど未だに活力を失ってはいない血統。日本でポッと活躍馬が出ても不思議ではありません。

今日のBGM

ニコニコアカウントを持っていない方はこちらへ
http://nicoviewer.net/sm12319602

Gジェネで気に入った機体を数体挙げていきます。

V2ガンダム(出典―機動戦士Vガンダム)
P1250682
今のところ、宇宙世紀最後のガンダム。ほぼMSの枠を飛び越えている能力を誇る上に、ビームシールドとIフィールドを装備しビームに対してはほぼ無敵、おまけにコアブロックシステムも実装(このゲームのコアブロックシステムは母艦に戻ると元機体に復活)、という反則的な生存性の高さを誇ります。性能面では最強クラスと比べると一歩劣るそうですが生存性は最高でしょう。あまりにも強すぎるので難関ステージでの切り札的運用に留めていますw
ちなみにVガンダムはまだプレーしていませんが、F91で捕獲したデナン・ゾンと逆シャアでエース登録したジェガンで設計してジャベリンを生産し、さらにジャベリンと逆シャアでエース登録したνガンダムで設計してガンイージを生産、そこからVガンダム→V2ガンダムと開発していきました。
なおV2から開発可能なV2アサルトバスターはビームサーベル以外全てマップ兵器というワロスな武装を誇り、実用性はほとんどないので図鑑用に1機作れば十分でしょう。

GP-03デンドロビウム(出典―機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー)
 P1250688
MSと呼んでいいのか疑わしい究極の機動兵器。もちろんとんでもない強さを誇りますが燃費もとんでもないので使い勝手はイマイチ。それもあってこちらも切り札的な運用となっています。超強気になれば量産MS程度ならミサイルポッドで十分無双できます。というかそれ以外はエネルギーの無駄。超強気で放たれる大型ビームサーベルは巡洋艦クラスなら一撃で切り裂きます。

 ドラッツェ(出典―機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー)
 P1250689
ザクⅡと戦闘機ガトルをつぎはぎしたデラーズフリートの急造MS。MSナンバー最後の機体となっています。原作では機動力は高いものの運動性は劣悪、という設定でしたがこのゲームに運動性という概念はないので高機動MSとして問題なく使うことができます。移動力を生かして切り込むのが主な使い方になるでしょう。武装はビームサーベルとマシンガンだけという、侍の香りを感じるMS。地味にシールドはちゃんと装備してますが防御力は旧ザク並み。

ザメル(出典―機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー)
 P1250680
超ゴツい機体にMSの装備としては破格の680㎜カノン砲を装備(参考:ガンキャノン―240㎜ ガンタンク―120㎜)という漢仕様。一方でホバー走行により機動力は高い。このギャップがたまりません。地上専用ですが遠距離支援型MSとしては最高峰ではないでしょうか。目玉のカノン(キャノンに非ず)砲は最大射程7(大抵の戦艦へアウトレンジ攻撃をかけることが可能)を誇り、6連装ミサイルも射程2-5と非常に使いやすく、また強力。

イフリート改(出典―機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー)
 P1250690
外伝作品では人気のMSイフリート。その中でもひときわ異彩を放つのがこいつでしょう。元のイフリート比べると際立つのが継戦能力の高さ。初期状態のエネルギー80に対してヒートサーベルの消費エネルギーは8なので無補給で10回攻撃できます。射撃武器の連装ミサイルとグレネードランチャーの消費は高いですが、全体の燃費のバランスを見るとむしろこちらの方が正常。
なお、こいつの目玉はEXAMシステム搭載という点なのでしょうが、どうしたことか1回も発動したことはありません。 

ずいぶん長い間すっぽかしてしまいました。
しかも先週は某所で更新予告しておきながらしない有様w
その主な原因が・・・
P1180659
この「SDガンダム G GENERATION-F」です。
過去記事にある船橋競馬の帰りに手に入れて以来こいつにドハマりしていてブログにまで手が回らなかったというw
しかし、船橋競馬場の真横のショッピングモール内にあるブックオフは本当に品揃えがいいので、皆さんも船橋競馬の帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?

このゲームはゲームカタログでも「良作」に分類されているように、Gジェネシリーズの中でも高い評価を得ている作品だそうですが、やはり面白いですね。
特にそのボリュームは尋常ではなく、相当プレーしたようでもモビルスーツ図鑑はまだ30%しか埋まっていないというのには驚かされます。それだけやりごたえがあるということでいいですね。

とりあえず、これまでにクリアした作品の感想をクリアした順に書いていきましょう。

~機動戦士ガンダムF91(2ステージ)~ 
F91とシーブックが非常に強いので任せておけば問題なし。初心者向きといえる作品でしょう。ただF91はバイオコンピューターのおかげでしょうが、超強気になるとビームライフルが4連射になり攻撃力が跳ね上がるのですが、それ以上に燃費が悪くなってしまい困るというのが難点ですね。
この時代だとMSは基本自力飛行が可能なのですが、 エリート機以外の飛行性能はまだ低く、結果として一般機を置き去りにしてエリート機のみが突っ込んでくるという状況になるので始末しやすいです。これも簡単になる一因か。

~機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(2ステージ)~ 
これまでクリアした作品の中では最初にやるのに一番おすすめしたい作品。 アムロ(とシャア)が反則的に強く、ギュネイやクェスの攻撃すら回避を選んでおけばそうそう当たりません。νガンダムも強い上に燃費も良好と隙なし。特にステージ1は敵の名有りパイロットはレズン(専用ギラドーガ)とナナイ(レウルーラ)しかいない上に敵はギラドーガのみ(νガンダム・アムロの超強気ビームサーベルなら一撃確定)なので楽勝。敵戦艦のみを沈めていき回収可能な敵機を全て処分すれば資金を約27万(ガンダム16機分)も稼げます。また、ギラドーガは戦力としても非常に使いやすい機体なのでどちらにせよおすすめ。

~機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー(5ステージ)~
ここまでの作品に比べるとやや長い上に、敵機が強め(特にドム・トローペン)ということで難易度は明らかに上。GP-01(ゼフィランサス)は他のGPシリーズへの橋頭堡になるのでステージ1でエース登録しておきたいところ。また、最終ステージで登場するGP-03(デンドロビウム)はすさまじい強さを誇りここぞでの切り札となるのでぜひエース登録しておきたい。しかしここを最初に選んだ場合ではそんなことをしている余裕はないはず(5ターンでコロニー破壊、がこのステージの勝利条件)。そういう意味でも最初に選ぶのは避けたい。

~機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・(5ステージ)~
ジムが主役のガンダムゲー。というわけでエース登録できるゲスト機にめぼしいものはなく(ジム・ジムキャノン・量産型ガンキャノン)、また敵戦艦がほとんど出てこないので回収による金稼ぎも望み薄、と絶望的に実入りのない作品。その上ステージ3の後半戦では自力飛行できるMS(まあ初期戦力のトルネードガンダムは自力飛行できるけど)、またはSFSがないとろくに移動できず苦戦するので間違っても最初に選ぶべきではない作品。難しいというよりも面倒くさいステージが多いイメージ。

~機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(2ステージ)~
1年戦争時代の作品でしかも2ステージ 、という見た目につられて最初に選ぶと苦戦必至、だがちゃんと戦力を整えてくればどうということはない、という作品。ステージ1では敵機は4機だけだがどいつも高性能なうえにエースまで成長しており、パイロットも強い(サイクロプス隊は伊達ではない)のでゲストのジム寒冷地版だけではあっさりと蹴散らされてしまいます。ステージ2は前半戦はここの手順通りで楽勝。後半戦のクリスvsバーニィは、まずバーニィのザクが寄ってきたら5マス離れたところからガトリングガンを当て超強気を解除、あとは適当に切りつけてれば勝てます。原作通りダミーバルーンが多数設置してありますがもちろん攻撃しないように。

~機動戦士ガンダム 第08MS小隊(4ステージ)~
主役機たる陸戦型ガンダムは隙のない強さを誇りますが、言うまでもなく宇宙では使えないので注意。エース登録しておいて損はありません。後半ステージでシローが搭乗するEz8はエース登録よりも陸ガンから開発するほうが楽か。 性能的には陸ガンと大差なし。
難易度的にはゲストとして陸戦型ガンダムが3機もおり、パイロットも水準以上なので易しめ。ですが最終ステージの後半戦は敵戦力が充実しているうえに開始早々運ゲーを強いられる(シローが突出しているのでアプサラスとグフフライトタイプの攻撃をある程度かわさないと生き残れない)難所。前半戦でノリスをシローが撃破or2回戦闘するのが移行条件なので最初は後半戦をスルーするのがいいでしょう。

~機動戦士ガンダム(10ステージ)~
ようやくファーストへ(笑)。というのも初見プレーではまずこれを選んだ(当然だよなあ?)のですが、ステージ6(ジャブロー)の前半戦でどうやっても速攻で本拠地を攻略されてしまい、詰んだのでいろいろな作品に 手を付けてみた結果、こういう順番になってしまったというわけです。マップ間移動の阻止というテクも知らなかったからなあ・・・。
このステージ6は後半戦もマップ全体に敵が散らばっている難関ステージ。8以降の終盤ステージはやたらと敵が多いので、マップ間移動の阻止を活用しないと難しいです。最終ステージは敵の半分以上は待ち伏せタイプなので、まずは落ち着いて突っ込んでくる敵を排除していきましょう。

こんな感じで、今はΖガンダムをプレーしていて、最終ステージまでたどり着いたところです。 次はVガンダムでもやろうかな・・・難しいらしいけどVガンダム系の機体も揃ってきてるし大丈夫だろう。

順番がおかしいというツッコミが入りそうですが、続いて競馬編です。
P1080518
第1レース、スタートの瞬間。この構図は少し高いところから撮ったほうが迫力が出ますね。

P1080520
P1080521
第2レースパドック。午前中は雨予報が嘘のようによく晴れていました。

P1080537
P1080536
ミスターピンクこと内田利雄騎手(デザインは的場文男騎手との色違い)と金子真人HDにそっくりの勝負服の元福山・楢崎功祐騎手。
P1080539
 この日の誘導馬は気が立っていたらしく、何度か尻っぱねをしていました。トウショウファルコはお前はw
 
P1080540
P1080545
P1080546
陽射しのもと駆け抜けていく馬たち。走る芸術品という言葉は伊達ではない。こういう光景は何枚撮っても飽きないものです。 
 
続いて船橋記念の出走馬全13頭のフォトパドックです。
1番 ナイキマドリード
P1080581
 2番 エンドスター
 P1080582
3番 ハードデイズナイト
 P1080583
4番 スマイルジャック
 P1080589
5番 ヤサカファイン
 P1080590
6番 ケイアイサンダー
 P1080591
7番 フォリッド
 P1080584
8番 ブリーズフレイバー
 P1080592
9番 ディープハント
 P1080579
10番 エーシンジェイワン
P1080585
11番 ドラゴンウィスカー
 P1080587
12番 リコーシルエット
 P1080594
13番 ジョーモカ
 P1080588

P1080595
P1080596
P1080603
船橋記念の馬場入り。やはり重賞に出る馬は動きが違うと感じました。

そして結果は・・・
P1080610
1 ▲ ナイキマドリード
2 △ エーシンジェイワン
3 ― リコーシルエット 
4 △ ハードデイズナイト
5 ― スマイルジャック
6 ○ エンドスター

8 △ フォリッド

10 ◎ ディープハント
(全成績はこちら、印についてはこちらをご覧ください)
印的には馬連ベースなので当たりですが 、軸がぶっ飛んだのでアウト。ディープハント、直線向いて最後方とか勝つ気なかったのでは・・・?ナイキマドリードの末脚は格が違いました。堂々の3連覇。
 P1080618
見事3連覇に導いた川島正太郎騎手。
 P1080621

この日のメインレースは終わりましたが、まだまだ見どころはありました。
この日の最終レース「船橋・愛・夢・希望ふなっしー記念」では、来場したゆるキャラたちが表彰式に参加しました。(他にも10レースが「目利き番頭船えもんカップ」、8レースが「船橋さざんかさっちゃん記念」でした)
P1080628P1080629
P1080634
P1080638
P1080639
P1080640
すでに雨の中でしたが多くの人が残っていました。ふなっしー人気恐るべし。

 記事2枚、そのうち写真8~9割という記事でしたが、閲覧ありがとうございました。
P1080644 

今さらになりますが、8日に船橋競馬場に行ってきました。
当初はその前の日に行こうと思っていたのですが、やはり行くからにはお目当てとなるものが欲しいということで、
重賞・船橋記念があり、しかも去年から応援していたフォリッドという馬が出走するそうだということでこの日にしました。

P1080503
当初は雨の予報でしたが、 朝は薄雲がかかっているくらいで、競馬場に付くころには爽やかな冬晴れとなっていて、陽射しのおかげでやや暖かいくらいでした。。昼ごろにはもう雲に覆われていましたが・・・。
 
P1080505
P1080506
ちょうどいいことに入場料無料でした。この日は後述しますがいろいろイベントをやっていたようで、そのためでしょうね。ちゃんと門松も立てていて正月ムードを出しています。

P1080507
船橋市にまつわるマスコットも来場。2010年千葉国体に際して生み出された千葉県公式マスコット「チーバくん」。
P1080508
船橋市のマスコット「船えもん」と船橋競馬場のマスコット「キャロッタ」。
P1080530
キャロッタにはニンジンのキャロッペという相方がいるそうです。
P1080509
P1080511
「流行のロイド眼鏡に散切り頭」って、どこの時代なのかようわからん・・・。
P1080512
P1080514
 いろいろとご当地ブランドの確立目指して頑張っているようですね。船えもんもこのブランドのPRのために各地へ出向いているようです。
P1080513
今船橋といったらこのキャラ、ふなっしー。着いたころにはグッズ直売所は大行列でした。P1080515
P1080524
その他にも「ふなばし物産展」ということでいろんな店が出張販売に来ていました。マルゲリータは美味しかったです。
 P1080525

そして午後には「ゆるキャラステージ」 が開催されました。
P1080559P1080557
そこでようやく姿を見せたふなっしー。やはり登場前にキャラを呼ぶ声は他よりも大きかったです。
このキャラ達との写真撮影を巡るじゃんけん勝負が行われました。チーバくんとふなっしーは普通のじゃんけんはできないということで全身で手を表現していました。

P1080561
P1080560
最終的には3人が勝ち残り写真撮影しました。上に登っているのは3人で行った決勝戦の勝者。

とまあ、競馬以外にも実にいろんなことをやっている一日でした。
何しろ写真の枚数としてもこの日だけで100枚以上撮っているので到底一つの記事にまとめられるものではありません。
競馬部分は次の記事ということで一旦失礼。 

このページのトップヘ