hitora-
諸君、いよいよ決戦の時だ。
syahato
 私には、もう何も説明するべきことは残されていません。
hitora-
 そう、これが世界の覇権を決する戦いになるだろう。
syahato
 皆さんご一緒に!レディー・ゴー!

  Neurat2
とりあえず、雪解けを待っている間に起こったことを二三、報告しておきます。
Neurat2
まず、ブリテン島失陥から崩壊を続けていたイギリスが、 ついに消滅しました。カナダの閣僚がイギリス化するといったこともなく、英王室やチャーチルは歴史の闇へと消えました。
hitora-
 いかに歴史や伝統を誇ろうとも、力なきものはこうなる定め。そうならぬためにも、我々は力を求め続けなければならん!
 
kondoru_kikoku
Neurat2
もう一つ。コンドル軍団がスペインから凱旋しました。
hitora-
・・・内戦終結から半年以上経っているのだが、どこで油を売っていたのかな?
  gude-rian
ちなみに、イタリアの義勇軍団もほぼ同じ時期に帰国したようです。
ge-ringu
彼らの戦訓を基にして、シュトゥーカの戦術研究がさらに捗ることでしょう。

buronberuku
それでは、ソ連侵攻作戦「バルバロッサ」について説明いたします。
  buronberuku
ご覧のように、国防軍の主力は現在、MR協定に基づく国境線の突出部であるスヴァウキ及びへウムに集結しています。
gude-rian
 いかに赤軍が弱体といっても、その物量が脅威となるのは事実。よって、「バルバロッサ」の初動においては、徹底的に敵野戦軍を撃滅することに重点を置きます。
gude-rian
 スヴァウキの軍は湿地帯を迂回し、ミンスクを攻略しつつベラルーシを突破。
gude-rian
へウムの軍はいったん南下してリヴォフ方面で小包囲を作った後、北へ転進。 南北の軍がプリピャチ川で握手し、現在国境に展開する赤軍をまるごと包囲殲滅するという手筈となっております。
hitora-
よろしい。軍は常に私の期待に応えてくれている。 今回も信頼しているぞ。
  Neurat2
なお、昨年のクーデターで鉄衛団が政権を握ったルーマニアとは軍事同盟を締結してあります。奮闘に期待しましょう。
  hitora-
少なくとも、スヴァウキでの包囲が完成するまでは持ちこたえてもらわねばな。

gude-rian
 5月8日、泥濘の季節は終わり、ベラルーシの大地はおおむね固まったようです!
hitora-
よし!「バルバロッサ」作戦を発動せよ!
  hitora-
この戦いは史上最大の作戦となる!アカを打ち倒すまで、戦いは終わらないと心得よ!
  gude-rian
順調にいけば、この初動が最も激しい戦いとなるでしょう。よって、「攻勢チット」をここで使用します。
gude-rian
さらに突破部隊にはコマンドの攻勢を重ね掛けし、一刻も早い包囲網の完成を目指します。

gude-rian
国境の戦いでは圧勝。一気に突破します!
hitora-
ソ連は腐った納屋である。一蹴りで倒壊させるのだ!
 
gude-rian
5月28日には予定通りの包囲が完成。すでに各地で殲滅戦に移行しており、初動は大成功と言える結果です!
buronberuku
少なく見積もっても70~80個師団程度は殲滅できたことでしょう。

barubarossa_baruto

buronberuku
戦線を見回してみたところ、バルト方面に約40個師団が見えるので、第二段階の目標はこれの包囲殲滅とします。
gude-rian
ヴィリニュスのタワーをぶん殴って無力化しつつ、ミンスク方面から一気に迂回してヴァルミエラまで打通し包囲する予定となります。
barubarossa_odessa
gude-rian
また、南方ではマンシュタイン少将率いる戦車部隊を先頭にして突破をかけ、オデッサ周辺に小包囲を形成しました。約20個師団を閉じ込めた模様です。
hitora-
これらの殲滅が成れば、ソ連の全兵力を合わせても国防軍と互角の数量まで落ち込むことだろう。そうなれば我らに負けはない!進め!

barubarossa_baruto2
gude-rian
包囲完了。約55個師団を閉じ込めました。

borisu_sansen
 Neurat2
ルーマニア―ブルガリアの国境に「使者団」を派遣し、ブルガリアを枢軸同盟に加入させました。
 hitora-
ブルガリアが戦力となるかはともかく、これでルーマニアがブルガリア国境に張り付けていた部隊は自由に動けるな。

barubarossa_baruto3
 hitora-
Foo↑気持ちいい~

barubarossa_july1
buronberuku
7月1日の戦況です。リトアニアでの包囲殲滅は完了しました。 開戦時点で約300個師団あった赤軍の兵力は、今や歩兵117個(うち20個は包囲中 後述)、戦車は0にまで落ち込んでいます。よって、ここからは主要都市の占領に主眼を移します。
 gude-rian
まずはレニングラードの攻略を目指し、バルト戦線にいた機械化軍団を走らせています。
barubarossa_july2
gude-rian
黒海沿岸での包囲戦はオデッサまで追い詰め、最終段階に入っています。
hitora-
オデッサでの死闘・・・ガンダムか何か? 

reningura-do
gude-rian
レニングラード及び補給線を確保。敵は機械化戦力のほとんどをすでに失っており、我々の機動戦にまるで対応できないようです。

barubarossa_august
buronberuku
8月1日。おおまかに説明すると
南方―ロストフまで到達、10個師団程度を包囲
中央―常に複数方面からの攻撃を意識しつつ平押し
北方―小包囲を試みつつ前進
となっております。中央でイタリアの自動車化師団がやたら攻めてますが気にしない方向で。

 
mosukuwa_kouryaku
gude-rian
8月20日!北方からモスクワ目指して進撃していた軍団が最終防衛線を突破!フォン・シュヴェッペンブルク少将率いる第6機械化軍団が、クレムリンにハーケンクロイツを掲げました!
hitora-
 アカ共には精神的、また国力的にも絶大な一撃であろう!勝利は目前である!
buronberuku
しかし、スターリン以下、ソ連首脳部はすでに北東のゴーリキーへ脱出していた模様です。
hitora-
逃げたければ逃げるがいい。地の果てまで追いかけるのみだ!もはや赤軍にまともな抵抗力はない!
 
barubarossa3
 gude-rian
未だモスクワの前面に展開している、赤軍最後の有力な軍集団を撃滅すべく、南方の機械化軍団をハリコフから北上させて包囲します。

gude-rian
包囲殲滅は順調です。これで後は前へ進むだけ・・・
Neurat2
お喜びください!スターリンが講和を求めてきました!
bitapi
ge-ringu
え?
hitora-
随分早いな・・・まだアストラハン―アルハンゲリスクのラインにすら到達してないぞ?
gude-rian
というかスターリングラード陥落してないんですがそれは 
Neurat2
皆さん、お喜びにはならないんですか・・・?
hitora-
そりゃあ困惑もするだろう・・・。しかし、これ以上の進撃はただ時間を浪費するばかりだからな。もちろん受諾しよう。 

bitapi2
 Neurat2
翌日には何事もなくいつも通りのビターピースが発生。我々はソ連に勝利したのです!
syahato
 未だソ連の実効ICは200以上ありますが、スターリンが失脚し、生産力の低下は目を覆うばかりでしょう。
bitapi3

gude-rian
赤軍は残り歩兵32個師団のみと、壊滅したと言っていいでしょう。
hitora-
これは一時の休戦に過ぎん。 期限が過ぎれば、すぐにでも戦いは再開するだろう。しかし、これでアメリカ以外の有力な敵は消え去ったな。
Neurat2
講和のおかげで、危険水域に達していた好戦性も8まで低下しました。またしばらくは、アメリカの影におびえる必要はないでしょう。 
 hitora-
レーベンスラウムを手に入れ、ひとまず目標は達したな。ここからどう進むべきか・・・しばしゆっくりと考えるとしよう。
syahato
唐突に終わりを迎えましたが、今回はここまでです。また次回(があれば)、お会いしましょう。ごきげんよう!