hitora-
今回は少し飛んで、1936年の頭から開始する。前回終わりから35年中には特筆すべき事柄がなかった。
syahato
 ここからしばらくは、1年1記事というキリの良い形で進めて行こうと思います。そういうタイミングですので、主要国のゲーム開始時からのIC変動をまとめてみました。こちらになります。
IC_hensen
hitora-
ふふふ、圧倒的ではないか、我が国の伸びは!
syahato
実効に至っては2位のソ連の4倍以上の伸びですからね。しかし、これだけ全力で工場を建てても、依然アメリカの基礎ICははるか遠くです。連合と戦争を始めるとなれば、アメリカの介入が本格化するまでに決定的な勝利を得なければ、苦しい展開になっていくでしょう。
hitora-
米国民は闘争心を捨ててきたような連中だ。直接戦火にさらされもしない限り、奴らがヨーロッパへ介入してくることはあるまい。それでは今年も始めていこう。

Neurat2
36年1月1日と言えば、 HoI2の一般的な開始日時です。というわけで、おなじみのイベントがディシジョンとしてセットされています。すでに発生条件は満たしているので発動していきましょう。
Neurat2
まずはこちら、「ラインラント進駐」です。
rainranto2
Neurat2
平時補正が解除され、タカ派に振れるなど、もはや説明不要のオープニングイベントといえるでしょう。ちなみに、発生条件である軍を配置すべきプロヴィンスには、何故かラインラント地方ではないものも含まれています。
rainranto
ge-ringu
それにしても、国軍がラインラントを踏み越えてルクセンブルクまで進駐してから3年経とうかというこのタイミングで、何を今更といった感はありますな。
hitora-
弱腰の英仏など恐れるに足りん 。大ドイツの実現に向け、さらに歩みを進めるとしよう。

 rokaruno
Neurat2
続いて「ロカルノ条約破棄」を発動しました。これにより、エルザス・ロートリンゲン及びルクセンブルクがドイツの中核州となりました。
syahato
ルクセンブルクのIC5と豊富な鉄鋼資源が、これで完全に利用できるようになります。将来的にはメッツの鉄鋼・シュトラスブルクの石炭も有望ですね。
hitora-
ルクセンブルクに全軍を張り付けておく必要もなくなった。一旦ベルリンに戻すとしよう。

boukyou
 Neurat2
最後に「防共協定」です。エチオピアでの戦争が終わっていれば、このタイミングでもう発動できます。
syahato
中核州が減ってしまうのはもったいないですが、 この2プロヴィンス合わせてもIC3とわずかな人的資源くらいしかないので、あまり問題はないかと。
hitora-
介入主義に振れるのはありがたいな。外交取引のコストが下がる。
Neurat2
ソ連とはすでに貿易(物資1⇔鉄鋼8)しているので、関係は放っておけば回復します。 

syahato
一連のディシジョンの効果により、実効ICは261→287と激増しました。このIC、いかがいたしましょう?
hitora-
工場の増設はするとして、そろそろ軍拡も始めたいところだ。まずは海軍の生産を始めるとしよう。
syahato
Fullの艦船の建造時間は異常ですからね。元々年単位の時間がかかったものが、Full特有の生産時間の長さと相まって、大型艦ならば3年は余裕でかかるほどになっています。リアリティはあるのでしょうが・・・。
hitora-
正直、今から建造を始めても39年の開戦に間に合うかどうか、というほどだ。 なお、ドイツ海軍は空母を中心とした機動部隊を軸とする。
hitora-
陸・空軍にも力を注がねばならない以上、ロイヤルネイビーの戦艦群に匹敵する大艦隊を整備するのは厳しい。陸と同様に、海上においても空母と航空機の機動力を生かした戦術を用いなければならないだろう。レーダー君。
re-da-
はい。なかなか慣れない分野ですが、空母戦についての研究は地道に進めております。
kuubo_doku
hitora-
うむ。年度相応に進めてくれればそれでよい。戦力については、大型6隻・小型3隻、計9隻の空母を39年までに揃えることを約束しよう。期待に応えてくれたまえ。
re-da-
それほどの 戦力を・・・ありがとうございます!
ge-ringu
ロイヤルネイビーなど、全てシュトゥーカの餌食にしてくれよう!その基地が地上であれ海上であれ、パイロット達は惜しみなく力を尽くしますぞ。
re-da-
共に頑張りましょう!(艦船にとっての致命打は主に雷撃機によるものなのでは・・・?)
 
kaigun_seisan
syahato
というわけで、随伴の駆逐艦も合わせて生産ラインに入れておきました。艦載機を付属していませんが、3年も待っていれば新型の艦載機の開発が完了するでしょうから、空母の完成に合わせるタイミングでそれを生産するという予定です。 
syahato
海軍へこれだけ力を入れるのは過剰だと思われますが、手段を選ばぬ工業化を推進しているので大丈夫でしょう・・・多分。 残りのICは工場×2につぎ込んでおきます。

 Neurat2
一連のイベントで好戦性が6まで上昇してしまいましたが、これを解消するディシジョンもドイツには用意されています。こちらの「外交活動」です。
gaikou_katudou
Neurat2
諸外国との関係も良化するので、これを好戦性0になるくらい連打していると、貿易レートもそれなりに改善してくれる印象があります。
Neurat2
今後の展開的に、オーストリアとの友好度は+200まで上げておきたいので、 2月から好戦性が0になるまで、毎月「外交活動」とオーストリアへの政治干渉を1回づつ行っていきます。月1の政治干渉はその後も継続します。

syahato
 3月24日、工場第3陣が落成しました。試算したところ、来年までの工場建設によって、我が国の基礎ICは250を超えるという予測が立ちました。実効は350をゆうに上回ることでしょう。
hitora-
基礎はようやくアメリカの半分、といったところか。まあいい、工場建設だけがICを上げる手段ではないことを、来年以降は教えることができるだろう。
 syahato
また、今後は工場建設が続々と終了しICが余るので、輸送船団と護衛艦を作り始めます。イギリス侵攻の際には不可欠となりますからね。装備の改良も行っておきましょう。

hitora-
そろそろ頃合いだな。ディシジョンから「ドイツ国防軍設立」を発動する。
kokubougun
 ge-ringu
ついにこの日が来ましたな!まだまだ足りませんが、大国に相応しい軍備がひとまず整ったと言えましょう。
Neurat2
 このディシジョンによって、旧式(26~18年式)の歩兵が57個師団配備されます。旧式の上に充足率も5~10%しかない、いわゆる予備役の状態ですのでご注意を。
syahato
それは国家財政にとってはありがたいことです。早速装備の改良を行っていきましょう。 
hitora-
まずは再編成して兵站管理のスキルを持った将校を配属させておこう。これは基本中の基本だな。

Neurat2
一大事です!2月の総選挙で人民戦線政権が発足するなど混乱が続いていたスペインで、ついに内戦が勃発しました!
supein_naisen
hitora-
ついに始まったか。共産主義の拡散を抑え込む好機である。至急介入の準備をせよ。
gude-rian
我々の戦術・兵器のテストにはうってつけですな。良い経験を積んでくることを期待しましょう。
naisen_kainyuu
Neurat2
他国の動向は、ソ連が共和派に、イタリアが国粋派に支援を送ったのは予想通りですが、驚くべきはフランスが国内の反対論を押し切って共和派への支援を送ったことでしょう。イギリスは静観です。
hitora-
フランスも人民戦線政権が発足したばかりだ。やはり共産主義は打倒せねばならん!

gude-rian
総統閣下、歩兵の装備の更新は、最新型の一歩手前(31年式)まで完了しました。
hitora-
よろしい、最新型への改良は時間がかかりすぎる。いったんこの辺りで打ち止めでよいだろう。 余ったICで陸軍の増強も開始しよう。
gude-rian
 それについてですが、スペインより気になる報告があります。送り込んだ装甲部隊が敵戦車と交戦したのですが、やはり現在のⅡ号戦車では、対戦車となると非力さを露呈してしまうようです。
hitora-
ふむ・・・新型戦車の研究は最優先で進めている。さらに強力なものを開発せねばな。
gude-rian
そこで、現在の技術力をもってするならば、まずはより機動力に優れる自動車化歩兵を生産していくべきかと思われます。火力も今の戦車とならば大差はありません。
hitora-
なるほど、最もな意見だ。それでは自動車化歩兵を6並列で生産していくとしよう。歩兵の増強などは工場建設がひと段落してからでも間に合うだろうからな。
gude-rian
ありがとうございます。付属する旅団は工兵としましょう。とにかく速度が命の部隊ですから。
hitora-
私としては装甲車も良いと思うが、まあよかろう。
zidousya_6
 
Neurat2
年末を迎えましたので、スペイン内戦の状況を確認してみましょう。
suopein_36nenmatu
 syahato
南部からは叩き出され、マドリードも共和派の手中。戦況はよろしくないようですね。
hitora-
正直言って、ダメなパターンだな。カタルーニャを包囲しかけているから、これが成功すればひっくり返すことができるだろうが・・・。あまり期待はしないでおこう。どのみちイベリアには用がある。その時我々になびかないのであれば、国粋派であれ踏み潰すまでだ。
syahato
これにて36年は終了です。次回もよろしくお願いします。